田上鍼灸院

HOMEご案内院長プロフィールこんな方が来院されています季まぐれ通信健康話童話リンク|  

ごあいさつ


 当院は大阪府吹田市の江坂にて、平成4年に開業いたしました。
それはついこの間のような気がしますが、当時と今では患者さんや私ども鍼灸院を取り巻く環境が、ずいぶん変わりました。パソコンには疎い私でしたが、各方面の方々からの指摘を受け、ホームページの必要性を感じるようになりました。
 そこで、もともと当院で気まぐれに発行しておりました《季まぐれ通信》と、お知らせを中心にこのホームページを作ることにしました。

 ここにはあまり「こうしたら治りました」というようなことは書いてありません。私自身もそうですが、鍼灸の治療所に行くには結構勇気がいるものかもしれません。このホームページで私がどんな人間かを想像し、治療所選びの参考にして頂ければ幸いです。

 たいへん生意気な書き方ですが、「こんなとき、どうしたらいいのだろう?」という疑問の答え、またツボなどを詳しく調べるには、ネット上に良いサイトがあります。症状や病名、ツボの名前などで検索してみてください。

なおこのホームページ中の《健康話》のコーナーに、少しだけお役に立つかもしれない健康情報が載っています。よろしければお読みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここから10行ほどは、平成27年10月に書きました。このホームページを開設してからもうじき3年になります。何人の方がHPを訪れてくださったのかを記録できる方法があるらしいのですが、私はその手段を知りません。ただかなりの方が見てくださっていることは確かなようです。ありがたいことです。で、予想通りと申しますか、「ホレ見ろ」と言うべきか、HPをみてやって来ました。とおっしゃる患者さんは、たったのお二人半。「半」とはどなたかと言えば、「行ってみたら?」と勧められて、「どんなところかな?」と思ってHPを眺めてみて「ほ~。と思って来ました」とおっしゃる方々です。この頃そんな方が何人かいらっしゃり、すでにパソコンで地図などをご覧になっていて、場所の説明が便利です。「HPって便利だな」と思います。

(ここからは、平成29年9月に追加したものです)

来院される患者さんに、お願いがあります。
分厚いお化粧や、きつい臭いの香水・化粧品をつけてのご来院は、できるだけお避けください。
東洋医学では、顔色・表情・言葉など以外にも、「臭い・匂い」も大事な診断情報です。ですからフェロモンなどで、判断を誤りたくありません。「素」の情報が欲しいのです。もっとも広義の解釈では、どのような香水をつけるのかも診断材料のひとつではあります。しかし後にお見えになる患者さん、いえ、まず私の頭がおかしくなります。そもそも我が家では、妻を含め家族の誰もが化粧をほとんどしません。私などはシャンプーも石鹸で、リンスその他も全くしません。したがって、匂いに慣れていません・・・と申すより、匂いに『うぶ』なのかもしれません。
私は、化粧などしなくとも、健康で生き生きしていれば、その人は美しいと思います。
化粧については、人それぞれの解釈がおありでしょうが、身動きのできない人混みでの香水や整髪料の臭いは、私にとってはオナラと同類です。この表現でお分かりいただけるでしょうか?香水好きの方、申し訳ございません。
あー、書いちゃいました!これでまた、患者さんが減るだろうか・・・。


 *診療のご予約は電話でお願いします。
TEL:06-6369-0839

 *お問い合わせやご意見は、下記のメールフォームもご利用ください。
 なお悪戯予防のため、必須項目を設けております。ご了承ください。


メールフォーム

Copyright (C) 田上鍼灸院. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system